Enter your search terms:
Top

AngelHack Global Hackathon

Series: Osaka

June 17, 2017 at 9:00 AM - June 18, 2017 at 6:00 PM

Osaka Innovation Hub - 7th Floor, Grand Front Osaka Tower C 3-1, Ofuka-cho, Kita-ku, Osaka

”チケットの申し込みはこちらです!”

A Welcome Note

Over the years we’ve seen teams of coders, designers and entrepreneurs from around the world become Whole Developers, watched as their Thoughts Become Things, and proved that Anyone Can Code. We’ve seen the code commit moment over and over again. The “oh sh*t I hope this works” moment. The moment where you know your hopes and dreams of winning that prize, that spot in the accelerator, that idea validation, are all on the line.

 

So, for our 10th Global Hackathon Series, we’re asking you to Commit To Your Code, and in turn commit to your project, a global ecosystem, yourself, your team, and your future.

 

#AH10 is here.

ごあいさつ

何年もの間、私たちは、世界中のプログラマー、デザイナー、起業家からなるチームがみな一体となって開発し、彼らの想い・考えが形になっていくのを目の当たりにしてきてきました。そして、誰もがコードを書くことが出来るということを世界に証明しました。

私たちは、コードが機能する瞬間を何度も見てきたのです。

そう、「ああ、これが作りたいと思ってたんだ!!」という、描いてたことができた感動の瞬間です。

その感動を手にしたいと思う気持ちがあなたの中に1ミリでもあるのであれば、

あなたのアイデアを検証することも、アイデアを形にするのを加速させるのも、全てはこの場所で実現できます。

私たちは、この第10回Global Hackathonにおいて、

あなたの書くコード、それだけでなくあなたのプロジェクト、グローバルなエコシステム、あなた自身、あなたのチーム、そしてあなたの未来に全力を出し切ってほしいと思っています。

Challenge & Prizes

Let’s face it, prizes just make hackathons more fun. That’s why each year, we team up with our sponsors to bring you an awesome set of prizes. Don’t forget, we’ll also be announcing more closer to the event!

HACKceleratorLogo-01

Grand Prize: An exclusive invite to our HACKcelerator

A 12-week Curriculum to turn your hackathon idea into a startup reality
A diverse network of both local and global mentors
Weekly guest speakers
A chance to fly to Silicon Valley for our Annual Global Demo Day and participate in a week of extensive pitch training!

優秀賞:我々のHACKceleratorプログラムにご招待します。

1、HACKcelerator

あなたのハッカソンでのアイディアをより起業実現させるための12週間のカリキュラム

ローカルとグルーバルメンターの幅広いネットワーク

年1のGlobal Demo Day@シリコンバレーの参加権と週間の追加ピッチトレーニングへの参加

AWS

Amazon Web Services

Prize: $200 in AWS Credits per person through AWS Activate

Link: https://pages.awscloud.com/a1h7aws.html

2、Amazon web services

AWS Activateからの一人あたり$200のAWS クレジット
Link: https://pages.awscloud.com/a1h7aws.html

Govtech

GovTech

Challenge: Fight violent extremism in order to foster peace and coexistence through technology.

Prize:

  • $500 USD cash prize for winning team
  • From the 25 finalist teams, a top 3 teams will be selected by an esteemed panel of judges to receive a $2500 travel stipend per team to travel to London and pitch to leading investors for continued support of their solution.

Govetech

テーマ説明:
テクノロジーを通じて平和や文化間の寛容性を育み、暴力的な過激主義を闘うことが目的です。

 

賞品:

・優勝チームに賞金$500 USD

・25都市のファイナリストチームのうち、審査員が上位3チームを決定します。3チームにはロンドンまでの旅費$2500と一流投資家へのピッチを行う権利が与えられます。これらを通じて継続的なサポートを受けることができます。

restbai-light

Restb.ai

Prize: 5000 free API calls to all attendees and the grand prize winner will receive 5000 free API calls a month for one whole year
Link: http://restb.ai/angelhack/

Why AngelHack?

By hacking at an AngelHack hackathon, you are joining our global community of over 120,000 developers, designers and entrepreneurs who are committed to bettering the world, their city, themselves, or just simply competing for fun prizes.

 

All ages, genders, and skill levels are welcome. Come solo or in a team of up to five, and spend the weekend learning new skills, meeting your local tech community and tech sponsors, enjoying free food, and more.

Commit To Your Cause

Code For A Cause is welcoming nonprofits worldwide to join us at our 10th Global Hackathon Series, to inspire our global community to leverage their skills for good and give back to their local communities.

 

We’ll be rolling out the AngelHack-red carpet for nonprofits at each and every event, all we ask in return is that the nonprofits create a challenge to inspire our hackers! To nominate your nonprofit, please fill out this form. Selections will be accepted on a rolling basis.

なぜ私たちははAngelHackに参加するのですか?

ハッカソンに参加すると、AngelHackに関わる世界12万人以上のグローバルなコミュニティと繋がることができます。
世界を、街を、そして自分自身をもっともっと良くしていきたいと考えているメンバーもいれば、
単に賞金ゲットのために参加している人もいます。
開発者はもちろんデザイナーや起業家も参加している多様性あるコミュニティです。

 

年齢、性別、スキルは問いません。
単独または、チーム(最大5名)でご参加ください。
新しいスキルを学び、テック系のコミュニティやスポンサーと出会い、フリーの食事を楽しむ、そんな
充実した週末をここでお過ごしください。

あなたの想いを実現しましょう

Code For A Cause、そして第10回Global Hackathonは、グローバルコミュニティに触発され、持っているスキルを活用して、社会や自身のローカルコミュニティに報いたいと考えている世界中のNPOについて、参加を歓迎してます。すべてのどんなイベントにおいても、皆さんのためにAngelHackの「レッドカーペット」を広げていきます。NPO団体が、私たちhackerの影響で奮い立ち、挑戦を創り出していくことを願って止みません。ノミネートされたい方は、こちらのフォーマットに記入ください。先着順で審査を行います。

Schedule

Day 1

9:00 AM : Doors Open (Coffee time)

9:30 AM : Ideathons& Team building

12:30 AM : Opening Ceremony &Sponsor welcome

1:00 PM : Coding Kick Off(with Lunch)

3:00 PM : Sponsor Breakout Sessions

7:00 PM : Dinner (with Screening of Seed)

8:00 PM : Pitch Workshop

9:00PM : Closed

12:00 AM : Create project profile on hackathon.io, final submission due 1:00 PM, Day 2

Day 2

8:00 AM : Breakfast

1:00 PM : Code Freeze & Submission Deadline on hackathon.io (Lunch)

2:00 PM : A/V Check

2:30 PM : Demos

4:00 PM : Winners are Announced / Prizes!

スケジュール

Day 1

9:00 AM :開場(コーヒータイム)

9:30 AM : アイディアソン&チームビルディング

12:30 AM : 開会式&スポンサー紹介

1:00 PM : コーディング開始

3:00 PM : スポンサー様セッション

7:00 PM : 夕食(Seedの上映)

8:00 PM : ピッチワークショップ

9:00PM : 閉会

(深夜作業可、未成年の方は保護者の同意が必要です)

Day 2

8:00 AM : 朝食

1:00 PM : コード提出(A/V チェック)&ランチ

2:00 PM :デモ

4:00 PM : 審査結果発表/表彰

*スケジュールは若干変更の可能性がございます。

あらかじめご了承ください。

Hackathon Rules:

We know some rules are meant to be broken, but you should probably (read: definitely) stick by these:

 

1.Fresh Code
We all start coding at the same time. This is done to keep things fair. No one is allowed to come in and build on top of previous projects. It’s cool to work on designs beforehand, digital mockups, open source frameworks, and anything else available to everyone, but keep things within fair limits.

2. Code Review
Winning teams may be subject to a code-review at some point following the event or immediately before winning. This is to ensure that all code used is in fact fresh.

3. Ownership and IP
Teams have full ownership of everything they build at our events and are free to do with it as they wish.

4. Team Size
No more than five people.

5. Submissions
Each hackathon has its individual hackathon.io page where projects will be submitted. Instructions will arrive in your inbox during the hackathon, and will be gone over during the event.

6. DEMO your Hack
You must demo your hack in order to present. No slide-decks or Powerpoints will be allowed. Two minute presentation and one minute Q&A from Judges.

 

Be cool to your fellow hackers! Check out the Code of Conduct if you need help knowing what that means 😉

FAQ’s

What should I build?
Depends on what challenge (or how many) you’re going after! Study the challenges and use those as your guideposts. Try to build a hack that people can use, enjoy, and you can scale. Most importantly, have fun with it and try to finish on time. We know you can only do so much in 24 hours, so it’s ok if your project is not perfect (yet).

 

Who can attend?
Anyone and everyone! Our attendees typically consist of junior developers looking to improve their skills, senior developers looking to expand their horizons, students, designers of all skill-sets, and serious entrepreneurs that can add value to teams. Bring your idea and let’s go!

 

Are there travel stipends?
Unfortunately, we cannot provide travel stipends for our Global Series.

 

Photos/Video
In this day and age of #selfies and #squad photos, it’s likely that photos and/or video will be taken at the event. By entering the venue, you’re giving us the OK to snap photos and post to social media.

For more info, don’t hesitate to visit our website www.angelhack.com or hit us up at info@angelhack.com.

ハッカソンのルール

以下のルールは守ってください。

1. コードの持ち込み禁止
全チーム一斉に開発を開始することで公平性を担保します。・・・

2.コードレビュー
優勝チームのコードに対してコードレビューを行います。持ち込み禁止ルールに抵触しないか確認するための措置です。

3.所有権と知的財産権
ーこのイベントで作成したすべての所有権はチームにあります。チームの望むように扱ってください。

4.チーム構成
1チームあたり5人までです

5.提出
hackathon.ioに設けたサイトにコード一式を提出する形式とします。主催者からの連絡もhackathon.ioにて行います。
6.発表
プレゼンはデモ形式です。パワーポイントは使えません。2分間のプレゼンの後に審査員からの質疑応答があります

*よくある質問*

何を作ったらいいですか?
どの賞が欲しいかによります!受賞一覧を参考にしてください。手に取って楽しんでくれるユーザを定量的に評価できるものがいいです。一番大事なのは、ハッカソンを楽しんで時間内に完成させること。24時間をフルに使ってハッキングしてください、(その時点では)完璧でなくてもOKです。

参加者の制限はありますか?
どなたでもOKです!これまでのハッカソンでは、スキルアップを目指す学生プログラマや旬の技術にチャレンジする中堅エンジニア、多様な技巧を使いこなすデザイナ、そしてチームに価値をもたらす熱血プランナー、といった方々がおられました。あなた自身のアイディアでハッカソンに参加してください。

 

交通費は出ますか?
残念ながら世界大会への交通費は各自でご負担いただきます。

 

写真・ビデオの撮影について
会場内のハッカソンの様子を写真・ビデオ撮影し、本ハッカソンイベントのWebやSNSに投稿して公開します。許諾できない方は事前にお申し出ください。

Judging

How is the hackathon judged?
Let’s be honest, y’all can do better than powerpoints. Which is why we rock with live DEMOS only! You use a powerpoint, you won’t win. To win an AngelHack hackathon, you will have to demo your product for at least 30 seconds, but don’t worry if your project is still not 100% perfected. Projects will be judged based on the following criteria:

  • Fundability: How fundable is this idea? Is there potential for a sustainable business model?
  • Execution: How well did the team execute and explain their problem? Did they demo a working solution?
  • UI/UX: Beyond design, have they thought through the end-to-end user experience for their solution?
  • Originality: How original, creative or unique is this idea?
  • Scalability: How scalable is this solution? Will it make an impact?

Photography & Videography

In this day and age of #selfies and #squad photos, it’s likely that photos and/or video will be taken at the event. By entering the venue, you’re giving us the OK to snap photos and post to social media.

 

For more info, don’t hesitate to visit our website www.angelhack.com or hit us up at info@angelhack.com.

ハッカソンの審査方法

パワポの発表ではなく、ライブのデモを!

パワポを使ったチームは優勝できません。
優勝するためには少なくとも30秒以上のデモを行って下さい。
完璧なデモじゃなくても大丈夫。
次のポイントで審査します。

・資金調達:アイデアは資金調達できものか?持続可能なビジネスモデルか?
・実現性:問題解決可能なデモを行ったか?
・UI/UX:単なるデザインではなく、ユーザーの使い勝手を考えているか?
・オリジナリティ:オリジナルかつユニークか?
・スケーラビリティ:ビジネスをスケールできるか?社会にインパクトがあるか?

Judges

Seiji Satake

Narimasa Makino

Masaru Sumi

Filament Inc CEO

Kunihiro Tanaka

SAKURA Internet Inc. CEO

Mentors

Hideki Takaba

Naoko Ishihara

Corporate Associate at Morrison & Foerster LLP, Tokyo

Ambassadors

Emi Maruyama

Sponsors

Community Partners